事業内容

ビジネスモデル

  • 情報検出処理の高度化を図りノイマン型コンピュータの理想を目指すメモリ一体型プロセッサ(メモリズムプロセッサ)のIP販売およびライセンス
  • GUIやライブラリ、SDKなどのメモリズムプロセッサ周辺技術の販売およびライセンス
  • メモリズムプロセッサを利用したシステムや製品の販売
  • 同上の共同開発
  • 情報検出技術の高度化に関わるコンサルテーション

弊社のこれまでの取り組み

本格的なビックデータ社会、AI社会、IoT社会の到来と半導体微細化技術の限界を目前として、世界中で新しい考え方のコンピュータの研究が加速しております。

半導体分野の研究事例として、イン(ニア)メモリコンピューティング(プロセッサインメモリ)と呼ばれるメモリ一体型プロセッサの研究が盛んになってきました。

弊社はこのような時代の到来を見越して、2010年の会社創業よりCPUやGPUの最も苦手な処理の一つで、しかも需要の多い「情報の検出を伴う処理」を肩代わりさせるメモリ一体型プロセッサ=メモリズムプロセッサの研究開発ならびに実用化を図ってきました。

この取り組みは世界に例を見ない弊社オリジナルのものであり、汎用データはもとより画像データまで幅広い応用が可能で、国内外の特許を取得済みです。

この技術により現在の(ノイマン型)コンピュータを理想の姿に進化するよう、貢献してまいります。

画像認識AIチップのASICについて

弊社は2019年10月から2020年3月までNEDOのAIチップ開発プロジェクトで、画像認識AIチップ(2D-SOP)ASICのRTL並びにGDS(IP)を完成しました。

2D-SOPのASICはノートパソコンのCPU(TDP15W程度)より1万倍も認識性能が高く、しかも演算時の電力が1W程度である事が検証されました。

現在の画像認識技術に限界を感じている企業様に、ASIC IPの販売を行います。

各社と共同研究で試作チップとSDK(ソフトウェア開発キット)を作成する予定です。

ご興味をお持ちの企業様はお問い合わせください。